Levitronix® LFSC-D Flex
超音波クランプオン
バイオプロセシング用の
流量測定

LEVIFLOW® LFSC-Dクランプオンセンサは、バイオプロセシングにおける正確で非侵襲流量測定用に設計されています。センサハウジングに取り付けられた2つのピエゾトランスデューサが超音波を発生、受信し、フローが存在する場合、流れと同方向の波が加速され、流れと反対方向の波が減速します。この通過時間の差が流体の速度に比例することを利用して流量を測定します。

LEVIFLOW®LFSC-Dクランプオンセンサは、
バイオプロセシング業界の製品の歩留まりを
改善する様々な利点を提供します。
thumbnail-lfsc-d-flex-video LFSC-D: 紹介ビデオ
利点

非侵襲センサ
センサは完全に非侵襲であり、簡単にクランプし
取り付けることができ、その結果、
シングルユースコストはゼロになります。

シングルユースコストがゼロ

高精度かつ広い流量レンジ
フルスケールの15%以上のレンジでは
読み取り精度誤差3%以内

高精度流量測定

理想的な優しい測定
超音波センサは非侵襲的な測定方法であるため、
せん断に敏感な細胞および蛋白質にとって理想的です。

追加のせん断応力なし

複数のキャリブレーションセットから選択可能
センサは、Saint Gobain C-Flex® (374、072、082) と、
Silicone (Phama 50、65、80)、について20°Cと37°Cの
温度キャリブレーションセットに対応しています。

異なるチューブ材料と温度に対応

ハイボリュームなアプリケーションへの対応
ハイボリュームなアプリケーションの場合、マルチチャネル
コンバータが利用可能で、1つのコンバータで最大6センサを
処理できます。センサ信号はRS485の2線式バスか
PLCインターフェイスを介して利用でき、ケーブル配線、
フットプリントおよび費用を削減できます。

複数センサ用6チャネルコンバータ

高純度液体に最適
センサは完全に非侵襲で、高純度な
ダウンストリーム及びアップストリーム工程に最適です。

パーティクルによる
コンタミネーションなし

スマートデジタル信号処理
流量コンバータは、デジタルシグナルプロセッサ (DSP) を
使用し、気泡が存在する場合でも
正確な流量測定を行えます。

気泡に対するロバスト性の向上

スマートセンサ
フルスケール、総容積、気泡検出、高流量アラームなどの
様々なパラメータが提供可能で、
Levitronixサービスソフトウェアで設定することができます。

構成可能な流量センサパラメータ

さらに情報が必要ですか?