ナノテクノロジー

現在、ナノテクノロジーは、基本的な研究から完全に産業化の製品まで、広範囲にわたる領域に及んでいて、さまざまなル方法で人々に知られつつあります。流体の変更およびコア製品への機能要素の追加は、ナノ流体技術の応用範囲内にあり、広くさまざまな業界に応用されています。

特に、ナノ流体は、ますます大量の生産品に使われています。小さなコンポーネントの処理は、過去に使用されていた消耗品や構成材料の処理に比べて明らかに困難であることは、企業の課題になっています。

凝集問題のほか、ナノ流体の混合、希釈、配量およびろ過などの問題も、企業の課題になっています。適切なポンプシステムの選択は成功の要素で、非常に難しい設計の要素です。

ナノテクノロジー
ナノテクノロジー

ローラポンプ

ロ―ラポンプ
ロ―ラポンプ
  • 45回循環するたびにLPC(大きなパーティクル濃度)は250%増加します。出典:PALL
  • 1回循環するたびにLPCは6%増加します。
  • パーティクル凝集の跡
ローラポンプのパーティクル発生量(PSD)
ローラポンプのパーティクル発生量(PSD)

レヴィトロニクス磁気浮上ポンプ

レヴィトロニクス磁気浮上ポンプ
レヴィトロニクス磁気浮上ポンプ
  • LPC(大きなパーティクル濃度)は実際変化していません。
  • パーティクル凝集なし。
レヴィトロニクスBPS-1のパーティクル発生量(PSD)
レヴィトロニクスBPS-1のパーティクル発生量(PSD)

レヴィトロニクスポンプに適するナノテクノロジーの応用

  • ナノ粒子とナノワイヤを流体に分散させます。
  • ナノ粒子のろ過
  • ナノ粒子懸濁液の非凝集
  • ポンプによる非凝集ナノ懸濁液の搬送
  • ポンプによる電子インクE-Inksの搬送
  • ナノ流体の再循環
  • ナノコーティングの混合・希釈
  • 超精密スプレーコーティング
  • 流体前駆体の混合
レヴィトロニクス BPS-200
レヴィトロニクス BPS-200