バイオテクノロジープロセスに適した低剪断Levironix ポンプシステム

傷つき易い培養液にリスク無く使用可能

バイオ医薬品の生産に使用される動物或は植物細胞は剪断ストレスのような機械的な外力に対して非常に繊細です。生物学的活性が失われるだけでなく、細胞破壊により、細胞成分の放出を招き、培養液の中に壊死組織片の濃縮が生じます。

ここでは、レビトロニクスの磁気浮上技術(MagLev)がいかに貴重な細胞懸濁液が失われるのを防ぎ、時間とお金の節約になるかを学びます。

See how different pumps interact with cell suspensions

ペリスタテイックポンプに比較して高い細胞生存率

CFDモデルによると、MagLevポンプは回転数の増大にも拘らず低剪断力のレベルを維持することが知られております。剪断力の発生レベルと細胞生存率の関係を調べる為にチャイニーズハムスター卵巣細胞(CHO XM111-10)を使用した損傷試験がスイス国チューリヒ大学応用科学部(Zurich University of Applied Sciences ZHAW)によって行われました。

このテストではCHO細胞はシングルユース ウェーブ バイオリアクターで培養された後確立した装置の中で異なる条件下で循環されました。その結果時間と細胞の生存率の相関を測定することができました。

右の図は2種類のペリスタテイックポンプとレビトロニクスマグレブポンプ、それに循環されない静止サンプルとを比較したグラフです。

細胞懸濁液を毎分3.4l.で循環した場合の時間と細胞生存率との関係
細胞懸濁液を毎分3.4l.で循環した場合の時間と細胞生存率との関係
CHO細胞の生存率と時間の関係:4ピストンダイアフラムポンプと2種類のマグレブポンプ及び比較サンプル(振盪フラスコ,静止フラスコ)の比較
CHO細胞の生存率と時間の関係:4ピストンダイアフラムポンプと2種類のマグレブポンプ及び比較サンプル(振盪フラスコ,静止フラスコ)の比較

4ピストンポンプより高い細胞生存率

最近導入された4ピストンダイアフラムポンプが信頼性とプロセスの改善の為の従来のペリスタテイックポンプに代わる可能性のあるポンプではないかと見られています。そこで、このポンプとサイズの違うレビトロ二クスマグレブポンプとの比較を調査してみました。

左のグラフも一定の方法で2種類の異なるポンプで循環させて場合のCHO細胞の生存率と時間の関係を示したもので、レファレンスとして、静止サンプルと振盪サンプルのデータも示しております。

細胞死係数比較データ:マグレブポンプ対ペリスタテイックポンプ
細胞死係数比較データ:マグレブポンプ対ペリスタテイックポンプ
細胞死係数比較データ:マグレブポンプ対4ピストンポンプ
細胞死係数比較データ:マグレブポンプ対4ピストンポンプ

プレゼンテーション(英語版)