化学プロセス産業市場

安全かつ効果的に腐食性メディアを移送することは、化学産業の1つの課題となっています。これは、特にポンプが危険な流体の腐食にさらされ、流体の分配やプロセスに影響を与えることです。

メディアだけでなく、化学工場内の厳しい環境も、ポンプシステムの安全性、経済要素および後からのメンテナンスに深刻な影響があります。

適切なレヴィトロニクスポンプシステムを選択すれば、腐食、耐久性およびコストなどの問題は存在しなくなります。革新的なベアリングレス・シールレス設計、接液部の腐食性に強い構造材料および表面の耐久性コーティングは、化学プロセスポンプシステムの新たな標準として利用することができます。

化学プロセス産業
化学プロセス産業

レヴィトロニクス®は、すでに、磨耗・故障しやすいベアリングやシールを使わない革新的な遠心ポンプを開発しました。磁気浮上の原理に基づいて、ポンプのインペラは密閉されたケースの中で非接触に浮上し、モータの回転磁界によって駆動されます。インペラとケースは、両方とも耐薬液性のフッ素樹脂またはポリプロピレンで造られています。モールド磁石付きのポンプのインペラは、ケースの中にあって、ポンプヘッドを構成しています。

この革命的な設計および化学薬品適用における優位について、より多く知りたい方は、当社の 製品デモを参照して下さい。

レヴィトロニクスポンプ
レヴィトロニクスポンプ

レヴィトロニクスの利点

  • ベアリングや回転シールがなく、装置の稼働率が高められ、保守コストが減少します。
  • 金、ニッケルその他のめっきの適用において、ベアリングの目詰まりや固着が発生しません。
  • 流量やロータ速度が正確に制御されるので、工程管理が改善され簡素化されます。
  • 低いせん断力設計ポンプ。
  • 気泡運転能力
  • 医療用や、半導体産業で証明されている技術です(平均故障間隔期間は30年以上)。