バイオテクノロジープロセス

バイオテクノロジーは将来の医薬品にとって益々重要になって来ております。将来の画期的新薬は主に動物細胞や植物細胞が培養され加工されるバイオテクノロジー技術によって生産されることになるでしょう。

これらの細胞や生成タンパク質は剪断ストレスのような機械的外力に対しとても繊細であると考えられます。

Levitronixも磁気浮上ベアリングレスポンプモータ技術の世界的なリーダとして、同様に、今日及び将来の業界の先端的な要望に沿うべく、低剪断ポンプシステム、ミキサ、超音波流量計に注力した、様々な流体処理ソリューションを提供しております。

レビトロニクス低剪断力ポンプのメリット

  • 損傷しやすい培養液にリスクが無い:低剪断設計なので優しい移送
  • パーテイクル発生のリスクが無い:機械摺動部品を採用しない構造を採用
  • 汚染のリスクが無い:微粒子や微生物をとり込む間隙や溝がない
  • 制御がし易い:電子スピード制御で脈動のない連続フロー
  • 組み込み易い:PLC接続でポンプ制御が可能
  • クリーンルームスペースの省スペース:空気作動やマグドライブポンプと比較し小型で省スペース設計
  • 規模の拡張がし易い:各型式のポンプの流量レンジは巾広く、最大流量16m3/h迄対応可能なポンプを提供
Biotech
低剪断デザイン・高細胞生存率をサポート
インペラが完全に液体に懸濁する: 低剪断デザイン・高細胞生存率をサポート